株式会社カケハシ スカイソリューションズ × 国際教養大学

2016年2月開催 島キャンスピンオフ企画

冬の秋田おこしインターンシップ!

with 国際教養大学。

当企画は都会の学生と秋田の学生(国際教養大学在学生)が混合で3つのチームを組み、約1週間秋田での就業体験にチャレンジするインターンシップです。

▼ 特徴・メリット

1 秋田の大人と触れ合う

秋田ならではの産業や行事を内側から体験することで、現地の方々と密にコミュニケーションが取れる。

2 学生同士刺激し合う

全授業英語・内定率100%を誇る国際教養大学の学生と互いの強みを活かしてミッションをクリアする。

3 都市と地方の関係を考える

各々の土地だからこそ生まれた文化や価値観について理解を深め、それらをどう社会に活かしていけるかを考察する。

Mission 秋田の魅力を発信しよう。

就業体験を経て見えてきた秋田の魅力を、SNSやwebサイトを通じて周りの人に届けよう。

▼ インターンシップ先

伝統行事
紙風船上げ

2016/2/8(月)-12(金) 仙北市上桧木内
お祭り運営サポート。自分でデザインした特大紙風船を実際に夜空に上げます!

詳細

日本酒づくり
鈴木酒造店

2016/2/10(水)-16(火) 大仙市長野
300年続く銘柄「秀よし」酒造りのサポート。蔵人と共にするまかない付き!

詳細

FISフリースタイルスキー・
ワールドカップ(モーグル)
秋田たざわ湖大会

2016/2/23(火)-29(月) 仙北市田沢湖
各国から集まった選手のおもてなしを担当。英語力をフルに活かせます!

詳細

伝統行事 紙風船上げ

仙北市西木地区に伝わる冬の秋田を代表する伝統行事。武者絵や美人画が描かれ、灯火をつけた長さ3~12mの円筒形紙風船が真冬の夜空に舞う光景は圧巻の一言。四方を山に囲まれている上桧木内地区で100年以上の歴史を持つこの年中行事は、 以前は「五穀豊穣」や「無病息災」を祈願することが多かったが、最近は「商売繁盛」「家内安全」「交通安全」「合格祈願」も祈願するようになった。各自がその年への想い・願いを託し、天に声が届くようにと真冬の夜空に紙風船を打ち上げる。

●期間
2016年2月8日(月)~12日(金)

●場所
秋田県仙北市上桧木内(宮田集落)

●人数
最大4名

●内容
会場設営、会場運営補助、紙風船上げ体験、その他業務全般

●宿泊・食事
補助なし
※宿泊先候補あり
 周辺の農家民宿・旅館(素泊まり約5,000円/1泊)


●交通費
現住所~活動地域までの往復
[新幹線+電車] 東京~角館 片道16,810円
[飛行機+乗合タクシー] 羽田空港~角館 片道約18,600円
※渡航時期によって金額に変動がございますので、あくまで目安としてご参考ください。

◎こんな人にオススメ
・冬の秋田の伝統行事に興味のある方
・地域の方々との触れ合い、共同作業を通して雪国で暮らす人々の想いを感じたい方

・農家民宿での生活に興味のある方
※屋外での活動が多くなるため、防寒対策必須です。

冬期の雪国での生活は非常に厳しいですが、是非この経験を通して年に一度の行事にかける地域の方々の想いを皆さんの五感で感じてみてください。

受け入れ先事業者様より

冬の秋田を代表し、真冬の風物詩として知られる“上桧木内の紙風船上げ”は、江戸時代から伝わる伝統行事です。戦後一時途絶えましたが、昭和48年地域の有志により復活し、毎年2月10日を開催日として今日に至ります。一夜限りのお祭りですが、その準備は雪が舞い始める11月下旬から始まります。当日は、高さが4~8m、大きいもので12mの紙風船100個あまりが打ち上げられ、冬の夜空を幻想空間に染め上げ、多くの観光客を魅了します。
秋田県の内陸部、山間の戸数227戸、人口575人足らずの小さな集落“上桧木内”に暮らす私たちは、参加される皆さまを心より歓迎し、当宮田集落の住民としてお迎えいたします。 皆さまには、紙風船上げを通して多くの方々とふれあっていただき、雪国ならではの食文化を体験いただき、食の絆・地域の絆・里山で暮らす人と人との絆の尊さ、強さを感じていただけたらと思います。また、住人の20倍にも及ぶ1万人を超える観光客が訪れ、地域が活気に満ちあふる紙風船上げを一緒に楽しんでいただきたいと思います。

動画メッセージ

日本酒づくり 鈴木酒造店

鈴木酒造店は、大仙市に1689年から320余年続く酒蔵。宝暦年間に秋田藩主佐竹公が鈴木酒造店の酒を『秀でて良し』と激賞され、『ひでよし』の酒名を賜り、嘉永元年には藩の御用酒となった。正月3日間以外は酒蔵を開放し、明治初年に建て替えられた家屋と酒蔵の見学をすることができる。酒蔵の中にはお米を蒸すための巨大な「和釜」やお酒を搾るための総漆塗りの「酒槽」(さかぶね)などがある。また、鈴木家所蔵品を納めた文庫蔵が併設されており、酒造伝記や古美術を多数所有し、豊臣秀吉や織田信長からの寄贈品もある。

●期間
2016年2月10日(水)~16日(火)

●場所
秋田県大仙市長野

●人数
最大4名
※酒類取り扱いのため初日2/10時点で20歳未満の方、お酒に弱い方は参加をご遠慮いただきます。
※活動期間中は禁煙です。

●内容
日本酒作りサポート、酒蔵開放イベント補助、雪かき、その他業務全般

●宿泊・食事
補助あり(酒蔵内に宿泊)

●交通費
現住所~活動地域までの往復
[新幹線+電車] 東京~羽後長野 片道17,710円
[飛行機+乗合タクシー] 羽田空港~中仙 片道約19,500円

※渡航時期によって金額に変動がございますので、あくまで目安としてご参考ください。

◎こんな人にオススメ
・日本酒造りに興味のある方
・秋田のものづくりや歴史に興味のある方
・雪国秋田の暮らしを体験してみたい方

普段滅多に見ることのできない、日本酒づくりの最前線を体験できます。秋田を代表する酒蔵にて、蔵人の方々と生活を共にしながら、こだわり抜かれた製品ができるまでを見て、触れて、感じてください。

受入先事業者様より

昔から変わらない手造りの酒造りを心がけています。そのため、面白い体験ができると思います。また、県外、海外からも多くの観光客が見学に来られ、みなさんが「楽しかった」と喜ばれ、リピーターも多くいます。職人の世界とおもてなしという両方の体験ができます。
この期間はちょうど大きなイベントがあり、お客様が心から楽しんでいかれる姿を見ることができます。長年にわたって地元で支持されてきた酒蔵での仕事は、貴重な体験となるでしょう。

動画メッセージ

FISフリースタイルスキー・ワールドカップ(モーグル)秋田たざわ湖大会

2015年より国内唯一のモーグル競技W杯として、秋田県仙北市のたざわ湖スキー場を舞台に開催されている。
昨年度は世界各国から100名以上の外国籍選手、スタッフが参加し、国際大会開催を機に地元の観光業なども活性化が期待される冬の秋田を代表するビックイベントとなっている。


●期間
2016年2月23日(火)~29日(月)

●場所
秋田県仙北市田沢湖エリア

●人数
最大6名
※外国籍選手とコミュニケーションをとるため英語力が必要となります。

●内容
田沢湖スキー場、駒ケ岳グランドホテル内の大会本部を拠点に大会運営補助、世界各国代表選手サポート、空港との送迎等

●宿泊・食事
補助あり(大広間で集合宿泊)

●交通費
現住所~国際教養大学までの往復
[新幹線+電車] 東京~大学 片道17,850円
[飛行機+タクシー] 羽田空港~大学 片道約18,800円

※渡航時期によって金額に変動がございますので、あくまで目安としてご参考ください。

◎こんな人にオススメ
・英語力を実践の場で活かしたい方
・世界各国を代表するアスリートのおもてなしに興味のある方
・世界規模のスポーツイベントの運営に興味のある方

2020年の東京オリンピック東京オリンピック開催に向けて世界規模のスポーツイベントの裏側を体験する絶好の機会です。冬の秋田を代表するイベントを体験してみたい、盛り上げてみたいという熱い想いを持った方は是非申し込んでみてください。

受入先事業者様より

国内で唯一のスキー・モーグルの世界大会。上村愛子さんの活躍で国内でも認知度の高い競技です。選手は、2018ピョンチャン冬季オリンピックを目指し、世界最高峰の戦いが繰り広げられます。
コースは、世界でも指折りのコースと評価をされた田沢湖スキー場黒森山コース。その舞台の裏方として、世界のアスリートや観客が心地よく戦える、楽しめる環境を、私たちと一緒につくりませんか。
世界に通じる“おもてなし”を身につけて、社会人へ育ってほしいと思います。

動画メッセージ


▼ スケジュール

1

2015年11月末日まで|エントリー受付

本ページ下部のフォームに必要事項をご記入の上、ご応募ください。
※前向きに検討いただいているものの11月末日までに参加表明を出すことが難しい場合、
 秋田おこしインターンシップ事務局(akitaokoshi@shimacam.com)までご一報ください。

2

2015年12月上旬|参加者確定

受入人数を上回るご応募をいただいた場合、選考を実施いたします。
本インターンシップの趣旨や就業内容により適性のある方を優先的にご案内いたします。

3

2015年12月下旬|顔合わせ

東京、秋田それぞれの地域で顔合わせをおこないます。

4

2016年1月14日(木)|キックオフ@秋田

参加者全員で秋田(国際教養大学)に集結し、趣旨確認やチームビルディングワーク・都市農村関係学の先生を招いた講義などを実施します。

5

2016年2月|就業体験

それぞれの受入先で就業体験をおこないます。

6

2016年3月19日(土)|報告会@東京

参加者全員で東京(カケハシスカイソリューションズ本社)に集まり、報告プレゼンテーションと懇親会をおこないます。

1

2015年11月末日まで|エントリー受付

本ページ下部のフォームに必要事項をご記入の上、ご応募ください。
※前向きに検討いただいているものの11月末日までに参加表明を出すことが難しい場合、
 秋田おこしインターンシップ事務局(akitaokoshi@shimacam.com)までご一報ください。